鏡を確認する女性

肌のたるみを防ぐ

白のボトル

肌の美しさは肌の色が一定であることに加え、肌が滑らかであることである。
この滑らかさには、肌の表面が関係していることも多いが、肌の深層が滑らかさを作る基礎となる。
肌の滑らかさをなくす要素といえばシワである。40代にもなると20代や30代には無かったシワが、顔や体のあちこちに生じてくる。
シワをなくすためには表情を動かさなければ良いので、40代に入ってからは表情が動かないように気をつけるという人もいる。
しかし、こうした小さな表面上のシワだけに注目していては、大きな変化を見逃すことになる。
40代で最も気をつけたいのが、全体的な肌のたるみである。
この肌のたるみは40代だけでなく30代でも起こる必要がある。
肌のたるみを防ぐための基礎化粧品は乾燥を防ぐことに着目したものを中心に選びたい。

肌がたるむということは、表面が折りたたまれるということだけでなく、肌の深層に組織が足りなくなってしまうということである。
紫外線などの影響で肌が硬化して、組織量が少なくなることもあるが、40代では基本的に乾燥が原因となって肌のたるみが生じている。
40代からの基礎化粧品では、保湿に最適なコラーゲンを生成する働きがある成分を、充分に含んでいる基礎化粧品を選ぶことが大切である。
基礎化粧品のパッケージを見ると、成分が書かれているが、肌にハリをもたらすためにはコラーゲンを生成する働きのあるセラミドが配合されていると保湿に効果があるといえる。