鏡を確認する女性

ニキビができる原因

しわを気にする女性

ニキビができやすい人は、10代の時はとてもニキビが肌に出来てしまうことを思い悩んだ人が多いはずである。
20代になると肌の状態は落ち着いてくる。
これはホルモンバランスが落ち着き、安定してきたため、肌もその影響でニキビが出来にくくなるのである。
しかし、女性にはホルモンバランスが崩れてしまう時はもう一度訪れる。
それは40代後半になってからである。
50代前後になると、女性は閉経する人も多くなる。
閉経の五年前後には更年期が始まり、早い人だと40代後半からホルモンバランスが崩れ始めるのである。
若い頃にはニキビの酷さを経験しなかった人でも、40代で初めてニキビに悩むという人も多くなってしまう。
ニキビに悩まないためにも、基礎化粧品でしっかりとスキンケアすることが大事なのである。

女性ホルモンにはエストロゲンがあるが、40代になったり、またはストレスを感じたりすることなどでこのエストロゲンが減少することがある。
そうなると、肌のコラーゲンが生成される速度が遅くなる傾向が出てきてしまう。
それを防ぐためには基礎化粧品で女性ホルモンが低下した時の対策を立てることが大事である。
エストロゲンが減ってしまい、コラーゲンが生成されにくくなると、肌の保湿が上手くいかなくなってしまう。
そのときには、基礎化粧品で肌をしっかりと保湿すると良い対策になる。
水分蒸発を防ぐには、基礎化粧品の化粧水などを使い乾燥を防ぐことが大事である。
ニキビが増えると洗顔をしてしまいがちだが、洗顔後は乾燥が促進されてしまうので、ニキビができやすくなる。
40代の肌でそれを防ぐには化粧水といった基礎化粧品を上手に塗布することが大切なのである。